前へ
次へ

不動産投資の手法の変遷

かつて不動産投資の手法は、企業の遊休地や、資産家の所有している土地を担保に銀行から資金を調達し、オフ

more

不動産投資手法の変遷

バブル期を過ぎた後の不動産投資手法は、バブル期に地方で見られたマンション投資の発展系です。利便性の高

more

不動産投資の特徴と注意点

不動産投資は、他の金融商品にはない魅力があります。毎月安定した収入を得ることができ、工夫自体で収益を

more

東京都心の不動産売買を下支えしている理由

東京都心の不動産売買が底堅く推移しています。代表的な不動産指数であるマンション販売戸数で見た場合、全国規模で見てみると消費増税の影響で本年4月から前年同月比では減少が続いているものの、東京都心の販売戸数は様々な要因があるものの減少幅は小さく維持されています。不動産売買を下支えしている要因として、投資物件としての魅力が高まっていることが挙げられます。とりわけ都心においては、2020年の東京オリンピックを見据えたインフラ整備や都市計画の実行が予想され、都市機能はますます充実していくと予想されています。代表的なのは羽田空港を含んだ周辺地域の再開発です。注意する点としては二極化が進んでいる点だと思われますが、東京都心の物件は比較的安定的に推移していくことが予想されています。

不動産のことなら大分の北斗建装へ

新築・リフォーム・増改築事例|大分の北斗建装
どんな家になるか気になる方は、ぜひ一度ご覧になってください

大分で格安塗装工事のご提供
お値段をお安くきれいに仕上げます

大分 防水

足場のレンタル×販売の融合を実現
新しい時代をASONOVAがつくっていきます

不動産の取得税について

今回は、不動産の取得税について説明していきたいと思います。まず、取得税とはいったいなんなのでしょうか。取得税とは、土地を取得した際に一度だけ発生する税金のことをいいます。税金は、取得の理由は関係なく、必ず必要になります。税率は、来年3月31日までは、土地の場合は3%、家屋の場合は4%です。次に、取得した時の手続きについてです。手続きは、60日以内に市役所か役場、または県税事務所に届けてください。そして、税金の補足になるのですが、土地10万円、家屋23万円、中古の家屋12万円に満たさなかった場合には、税金は必要ありませんのでご注意くださいね。税金の知識は、将来必要になることがあるかもしれないので、頭に入れておくといいでしょう。

Page Top